平城京の写真が発売になりました!

意外ときっかけがないと行かない平城京。ずっと前から、いつか行きたいなーと思っていた場所。
だだっ広い、何もない場所だっていうのは知ってたけど、そこに都があったのかーと思うと、じわじわ湧き上がってくるものがあってぼーっと立っていたくなるのですよ。
行ってみたら、たまたま発掘調査をやっていたので、1000年以上も前の時間に触れられたようで感動しました。

発掘現場の全景。調べたら東院庭園跡とのこと。

奈良時代の生活感みたいなものが感じられて、いい時間でした。

実は、平城京については資料がなく、復元されている建物については、遺構の規模と中国の都の建物から想像したらしいです。

井戸。井戸は重要な施設で、かなり立派に作られていたようです。

第一次大極殿。奈良時代の政治の中心ですね。今でいう、首相官邸みたいなものでしょうか・・・

平城宮内を横切る近鉄電車。近々、平城宮を回り込む経路に変更されるそう。建物は朱雀門。

無駄に広い平城京跡。この広さが、昔の繁栄を物語っていて、逆に切ない。

平城京跡は、世界遺産に指定されているらしい。初めて知った。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × two =