エクセルは見た目が9割

3月29日に「エクセルは見た目が9割」というExcel本が発売になります。
パチパチパチパチ
しかも、この本で共著、単独執筆を合わせた著書がちょうど100冊になりました!!!
いえーーーーーーーーい。
めでたいのは自分だけですけど、これも購入していただいたユーザーの皆さんと、応援してくれている友だち、先輩、我慢強く使い続けてくださっている出版社のみなさんのおかげです。
ありがとうございます。
次の目標は、単独著書100冊です。今、68冊目なので、あと32冊。
気持ちを新たに、よりわかりやすい図解書を目指して頑張っていきます。

さて、「エクセルは見た目が9割」ですが、ここ10年くらいの間に、Excelの機能が急に便利に、高度になりました。
それに伴って、ただ表ができればいいというツールから、より見やすい書類を作成するためのソフトウェアに進化しました。
罫線の引き方ひとつ、フォントの選び方ひとつで、表はより読みやすくできます。
そして、書類の印象でビジネスの流れが変わることも、ないわけではありません。
Excelを使う頻度が高いユーザーには、一度手に取ってもらえたら嬉しいです。

書籍名:エクセルは見た目が9割
出版社:秀和システム
著者:吉岡豊
発行日:2018年3月29日
ページ数:192ページ
価格:1728円(税込み)

よろしくです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + twenty =