iPhoneの基本機能を徹底解説! の連載を始めます

今や日本では2人に1人の割合で使われているiPhone。
iPhoneはiPhoneというものであって、「スマホ」とは別物と思っている人もかなりいますよね。
「エレクトーン」がヤマハの電子オルガンの商品名だということを知らないのと同じ感じなんでしょうね。
ともあれ、それくらい普及している証拠です。

iPhoneは、初代が2007年にアメリカで発売され、日本では2008年に初登場しました。
その名もiPhone 3G。
実は、日本でiPhoneの図解書を最初に出したのは、何を隠そう僕ナンス(笑)。
いえーい。
ケイエス企画在籍時に、「iPhoneオーナーズブック」という書籍を書きました。
えーっと、もちろんムックとか雑誌とかはのぞきます。
apple関係のビジネス書なんかものぞきます。
あくまでも使い方の図解書限定ですけどね(苦笑)

もちろん、予約を入れて1日つぶして並んで買いましたよ。
出たばっかりのころは、文字のコピペもできず、カメラは背面カメラのみで200万画素。
動画も撮影できず、キーボードは、ノロノロ動き、当時の電波の悪さも相まって、いらいらしまくりでした。
なんと、オフィスでは電波をつかんでくれず、必要な画面を表示させるのに、オフィスの外まで歩いて行って、画面ショットを撮るなんてことをやってました。
しかし、ワクワク感は半端なかったのを覚えています。
未来が来たーーーーって感じです。
その感動をよーく覚えています。

それで、その後、iPhone3Gs、iPhone4、iPhone4s、iPhone5、iPhone5s/c、iPhoneSE、iPhone7の書籍を書かせてもらいました。
iPhone6とiPhone6sは、書いてないんですけどね。
その間のiPhoneの進化は、そのたびにワクワクさせてもらってきました。

で、その恩返しじゃないですけど、iPhoneの使い方をできるだけわかりやすく、噛み砕きながら、ここで書いていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + twenty =