はじめてのWord2021

こんばんは。みなさん、元気ですか?
コロナ第6波とか、なんだか信じられない状況になって、ため息が出てしまいます。
ひとつのウイルスがここまで人間を苦しめるなんて、大いなる自然の前には無力なんですね・・・。
つくづく思います。
とはいえ、生きる以上は楽しまないと。

さて、2022年第一弾は「はじめてのWord2021」っす。
しかも、この著書で、Studio Nomade設立後、単独執筆80冊目です!!
イエーーーーーイ!ぱちぱちぱち!
おめでとう! ありがとう!
2018年に70冊目を出してから、80冊目に至るまでにすごく時間がかかってしまいました。
それは、図解書に求めるニーズが変わってきたことと、自分のスキルにズレが出てきたためだと理解しています。
より狭い範囲での専門性が求められる時代になってきたので、僕もより深く書くために専門分野を絞り込んでいく必要があると思います。
単独執筆100冊を達成するには、自分自身も進化していかないとですね。
頑張ります。

ということで、「はじめてのWord2021」。
Wordの文書作成機能については、ほぼ完成していると思います。
これ以上進化しようがないほど、シンプルかつ便利な機能が詰まっています。
であれば、Wordのどこにこれ以上の伸びしろがあるのでしょう…。
それは、ネットを介した協業やセキュリティ、チェック・修正機能です。
これらの機能を使いこなせれば、より文書作成作業を効率的に進められます。
というようなことを意識して書いています。
Word買い換えなきゃな、という人はぜひ手に取ってみてください。

署名:「はじめてのWord2021」
出版社:秀和システム
著者:吉岡豊
ページ:320ページ
発行日:2022年1月31日
価格:1100円(税抜き)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four × 5 =

前の記事

BENNIE K

次の記事

ブログ開設 5周年